サブリースワーク

テナント募集活動

ビルオーナーとしては、どれだけテナントに向けた営業をしてくれるのかが気になります。どういった手法でテナントを募集していますか?

  • K.G

    まずは仲介さん等にテナントの紹介を依頼します。これはオフィスを探しているテナントの情報をどれだけ集められるかが重要で、仲介さんとの情報交換を日々綿密に行うことが大切です。当社では、リーシング課が日々仲介さんを周り、新鮮な情報の収集をしています。

  • T.O

    サブリース物件の内覧会を定期的に行っていることも重要ですよね。実際にテナントさんに見てもらえれば、当社の管理物件に決まる可能性は格段にあがります。内覧会の情報は、当社Webサイトの「内覧会情報」で随時更新されていますから、仲介さんも良くテナントさんを連れてきてくれますね。大抵のテナントさんは複数の内覧を行いますが、ビル名は覚えてもらえなくても「あのトイレが凄いところ」とかいう指名で当社管理物件に決まることも多いです。

  • S.O

    仲介さんだけに頼らずに、当社が直接、各企業に飛び込み営業をしたり、ポスティング等でテナント誘致を行っています。その成果も出ており、内覧会にテナントさんが直接来てくれることも増えましたね。【ポスティング⇒Webサイトでの情報収集⇒内覧会への参加】という流れが出来つつあります。

  • H.K

    Webサイトでの物件紹介にも力を入れてますね。テナント様の貴重な時間の中でまずは候補に挙げてもらうことが重要ですから、写真もプロのカメラマンにちゃんと撮影してもらったり、リフォームの内容なども情報公開するようにしています。ここまで徹底した情報発信をしている会社は当社だけではないかと。

コメント入力欄

コメント入力欄

URL*
コンテンツ*
テーマ*
ハンドルネーム*
コメント*

© 2017 sublease inc.