建築設計

オフィスビル経営を成功させるために最も慎重に行わなければならないこと。それはもちろん「どこに」「どのようなオフィスビルを建てるのか」であると言って差し支えないでしょう。

オフィスビルの建て替え時期は建築後40年~50年と言われています。そうであれば、最初に「建築後50年間、テナントのニーズに応えることができるオフィスビルを建築する」ことがまず何よりも重要になります。
もちろん、何も修繕せずに50年間第一線で活躍するオフィスビルなどまずないでしょうから、建築後のリニューアルは必要です。しかしながら、最初の建築設計が適切でなかった場合、リニューアル資金が大幅に増加し、その結果オフィスビル経営は一気に困難になってしまいます。

それでは、適切な建築設計とはどのような設計を言うのでしょうか。

一言でいえば「数十年後のニーズにも対応できる設計」ということになるでしょう。
具体的には、働く人が快適に仕事をできるオフィス、仕事の能率が上がり成果が出やすいオフィスという、当たり前の基本を押さえることが何よりも大切であると当社は考えます。

そこで、このコラムでは、「数十年後のニーズにも対応できる設計」というテーマに沿って、当たり前の基本を押さえた建築設計について考察していきます。

皆様ご期待ください。

最新記事10件を表示

2021.10.22営業報告
2021年10月2週
2021.10.19内覧会情報
岩本町喜多ビル内覧会情報
2021.10.18お知らせ
広告掲載のご案内
2021.10.15営業報告
2021年10月1週
2021.10.14ビル管理の日常
ウォシュレット交換
2021.10.13セミナー情報
無料定期セミナー開催
2021.10.12内覧会情報
両国ミハマビル内覧会情報
2021.10.11お知らせ
広告掲載のご案内
2021.10.08営業報告
2021年9月5週
2021.10.05内覧会情報
五反田NTビル内覧会情報