新着情報

タンク式洋便器のボールタップ点検作業

経年劣化により動作に不具合が生じたボールタップを点検致しました。


今回は築26年のオフィスビルにて巡回点検していた際に発生した事例を紹介致します。弊社では電気・水道のメーターを毎月点検して当月使用量を記録しておりますが、あるフロアで水道使用量を計算したところ通常よりもわずかに使用量が多いことが判明しました。漏水チェックのため水道メーターのコマ(流水時に回る部分)を確認したのですが動きはなかったので、トイレ内の水をテストで流してみたところ、一か所だけタンク内の水音が他よりも長く続くタンク式便器が見つかりました。

便器のタンクを開いて点検すると、ボールタップと栓を連結する金具が錆びて上手く動作しない部分がありました。ボールタップを分解して各部分を清掃し、同時にパッキン等の消耗部分も交換したところ、流水の間隔が元に戻りました。

タンク式の便器(各便器と水を溜めるタンクがワンセットになった便器)ではボールタップを利用した給水装置がよく使用されております。装置の仕組みはシンプルなものとなっており、タンク内に貯水されると給水管の止水栓の役割を持ったボールが水に浮き、特定の高さまで水位が上昇すると自動で止水する仕組みとなっております。

しかしながらパッキンや金具が錆、汚れにより劣化した場合は、今回のように排水や給水に悪影響を及ぼすことがあります。気付かずに放置してしまうと、大量の漏水に繋がる恐れもあるため、こまめな点検が必要とされる部分でもあります。

当社ではこのように些細な変化を見逃さず、適切に対応することで被害発生を未然に防いでおります。