新着情報

非常灯のLED照明交換工事

非常灯は災害による停電時には重要な設備となります。


今回は築25年のオフィスビルで行われた非常灯交換工事についてご紹介致します。

対象となったフロアの非常灯が交換目安となる年数に近づいていたため、器具ごと取り替えることとなりました。既存器具の型番から販売状況を確認したところ製造中止となっていたため、後継機の有無をメーカーに問い合わせました。その結果、LED電球を利用したタイプの器具が適合することが判明し、工事業者と現地調査を入念に行って設置に問題がないことを確認しました。

照明器具交換工事は既存照明器具の撤去後の天井開口部をそのまま利用することが出来たため比較的短時間で終了しました。注意点としては設置時に天井材を傷つけないようにすることや、配線を適切に繋ぐことでしたが、今回用意した照明器具は上記の点を十分考慮した作りとなっており、問題なく設置できました。

設置後は対象フロアのメインブレーカーをオフにして動作状況を確認。停電時にも全非常灯が十分な明るさで点灯することを確認して作業終了となりました。

照明の発達はここ数年の間に劇的に変化しています。特に蛍光灯から省電力のLED照明への切り替えは多くのマンションやビルで行われています。非常灯も同様です。LED化により照明の効率が良くなったことで、コスト面や耐久面が向上しました。また、構造もよりシンプルなものとなり、設置作業や点検作業の効率も向上しています。

弊社では時代の変化に合わせた設備の更新・維持管理を心がけ、オフィスビルの最適な環境をお客様に提供していけるよう努力しております。