新着情報

エントランス床石の洗浄作業

エントランスホールの床石の汚れを薬品洗浄作業で徹底的に洗浄しました。


今回は築20年のオフィスビルにて行った作業について報告致します。

オフィスビルの定期巡回点検を行っていたところ、エントランスホール側の床をチェックした際に一部の床材の色が周りの床と少しだけ異なることに気がつきました。エントランスを消灯するなどして、さらに細かく床の色の変化を確認したところ、やはり通常よりも汚れていることが判明しました。現場の清掃用具での拭き取りも試してみたのですが、汚れはまったく落ちません。専門的な清掃を行う必要があると判断し、清掃業者へ連絡を取りました。

汚れの原因を調べてもらったところ、どうやら油の成分が床材に染み込んでしまっているということでした。「言われてみれば」と意識すると気になる程度の染みですが、汚れの成分によっては時間を置くとより目立つようになることがありますし、汚れも落ちにくくなる場合がありますので、早急に清掃実施の手配を取りました。
幸いにも月に一度の定期清掃が近日中にあり、その作業にあわせて汚れの除去作業を行えるとのことでしたので、念入りに清掃を行うように依頼しました。清掃後にエントランスを再確認したところ、汚れは問題なく除去されておりました。色の濃淡がなくなったことにより清潔感、統一感が増し、テナント様もより快適にビルを使用できるようになりました。

弊社ではこのように、定期的な巡回点検を行ってビル環境の維持・向上に努めております。