ビル管理の日常

オフィスビルの1階外周や外部階段などの照明は、夜間にタイマーでON・OFFしているビルもありますが、昼間でも暗くなると点灯している建物があります。これはビルの外壁に設置されている「自動点滅器」により、自動でON・OFFされているためです。

自動点滅器は、周囲の明るさを感知し、内部のスイッチをON・OFFする機器です。最近は、LED電球本体に内蔵されているものもあり、省エネかつ非常に便利な機器であります。
あるビルで、暗くなっても外部階段の照明が点灯していないのを巡回時に発見しました。
外部階段の全ての照明が点灯していないため、元のブレーカーか自動点滅器の不具合が考えられ、早速調査を行いました。

ブレーカーは問題がなくON状態でしたが、自動点滅器は受光部を黒い布で覆い隠しても全く反応が無く、故障していました。
応急措置として、常時点灯状態に配線変更を行い、代替え品の手配を行いました。
後日、無事に交換完了し、いつもどおり自動で点滅し、省エネに貢献しております。

最新記事10件を表示

2021.03.02内覧会情報
両国ミハマビル内覧会情報
2021.03.01お知らせ
広告掲載のご案内
2021.02.26営業報告
2021年2月3週
2021.02.24お知らせ
広告掲載のご案内
2021.02.23内覧会情報
本郷綱ビル内覧会情報
2021.02.19営業報告
2021年2月2週
2021.02.16内覧会情報
MYSビル内覧会情報
2021.02.15お知らせ
広告掲載のご案内
2021.02.15ビル管理の日常
自動点滅器
2021.02.12営業報告
2021年2月1週