業務内容

サブリース契約の詳細

サブリースの定義
サブリースとは、不動産会社がオーナー様から物件を借り上げ、それをテナント様に転貸する転貸借契約のシステムを言います。オーナー様と不動産会社の間の賃貸借契約をマスターリース、不動産会社とテナント様との間の転貸借契約をサブリースと分類する方式が一般的です。
サブリースの定義
サブリースという言葉の生みの親は、当社元代表取締役の大黒哲也と本WEBサイトで満室ビル経営WEB講座を担当されている佐々木泰樹氏の両名です。一時的な関係となる不動産媒介契約と異なり、オーナー様、テナント様双方と継続的な関係を構築し、双方に価値あるサービスを提供することによって、「三方よし」を実現する為に開発されました。
  サブリース 不動産仲介
業務内容 オーナーから物件を貸借し、
テナントに賃貸して収益をあげる
転貸借契約
オーナーとテナントの
賃貸借契約を仲介する媒介契約
オーナーと
不動産会社の関係性
賃貸借契約による継続的な関係 仲介時の一時的な関係
テナントと
不動産会社の関係
転貸借契約による継続的な関係
家賃保証?
一般的には、「サブリース」という言葉に、【家賃保証】という意味を付加している企業が多いようです。しかしながら、サブリースの本質は上記のように転貸借契約であり、【家賃保証】をするものではありません。
もちろん、物件をオーナー様より借り受けるわけですから、オーナー様には当社より賃料が定期的に支払われます。しかし、これは賃料を長期間保証するものではありません。テナント募集・物件管理が適切になされ、テナント様に長期入居していただけなければ、結局契約期間終了後賃料の目減りなどの問題が生ずるのです。
当社では、ビルごとの一括借り上げにこだわることなく、一室でもサブリースを承っております。また、当社では【家賃保証】と言う言葉も使いません。当社は上記問題点を事前にきちんと説明をし、全力で管理物件の最適な管理とテナント様へのサービスを提供致します。
オーナー様、テナント様、当社の三者が皆WINになるためにも、一括借り上げに囚われることなく、【家賃保証】を軽信することなく、サブリース契約を明確に理解し、賢く使う必要があります。
三方良し
業務フロー

お電話でのお問合わせは 平日9:00〜18:00 TEL.03-6278-5600

お問合わせ