業務内容

プロパティマネジメント

【プロパティマネジメントの目的】
プロパティマネジメントとは、直訳すれば「資産管理」ですが、単なる管理業務ではなく、資産の価値を向上させることも含まれます。「資産の価値を向上させることによって、オーナー様のオフィスビル経営による収益を最大化させること」、これこそがプロパティマネジメントの目的であると言っても過言ではありません。
とはいえ、どういうプロパティマネジメントをすれば資産の価値を向上させつつオフィスビル経営による利益を最大化させることができるのかは決して簡単な問題ではありません。また、これを意識し日々取り組んでいる優良な管理会社は数えるほどしか存在しないのが実情です。
【よい管理会社の選び方】
それでは、上記優良な管理会社はどの点に着目して選定すればよいのでしょうか。
以下に、よい管理会社を選ぶポイントをまとめておきます。
調査・分析・事業計画立案の能力は十分か
意外に思われるかもしれませんが、上記目的を達成できるプロパティマネジメントにも調査・分析・事業計画立案能力が必要です。テナント募集及び契約条件の設定業務や賃料の値下げ交渉への対応などには、同一地域・同一規模の競合オフィスビルに関する賃料情報や市場における管理オフィスビルの客観的価値等を正確に調査し分析する必要があり、またその分析結果をオーナー様に還元し事業計画に反映させる能力が必要だからです。
まずは、オーナー様のオフィスビルが市場において有する客観的価値及び競合する地域・競合する規模の賃料相場等の情報と、その情報に基づいてどのように管理し経営していくべきかについて担当者へ問い合わせ確認しましょう。
テナント募集・プロパティマネジメント・ビルメンテナンスのノウハウ・実績は十分か
上記プロパティマネジメントの目的である、資産価値の向上と利益の最大化のためには、管理会社がプロパティマネジメントだけでなく、テナント募集・ビルメンテナンスのノウハウ・実績を有していることが重要です。実際に上記業務を日々行い、テナント様のニーズを熟知し、ハード面も含めた管理業務を適切に行っていてこそ、テナント様に長く入居していただける最適なプロパティマネジメントを実行できるからです。
依頼を検討されている管理会社に、上記ノウハウとこれを裏付ける実績があるか、詳細を問い合わせ、確認しましょう。
誠実な企業か
オフィスビルのプロパティマネジメントは、オフィスビル経営による収益を最大化させるポイントである以上、その管理会社は誠実な企業であることが必要不可欠です。
担当者はもちろんのこと、組織全体で誠実な対応をしてくれる会社かどうか、上記確認の過程で慎重に判断しましょう。
【サブリース株式会社が選ばれている理由】
サブリース株式会社は、中小オフィスビル経営に特化した会社です。また、当社はプロパティマネジメントも業務内容に含まれるサブリース(転貸借契約)を主たる業務としていることから、中小オフィスビルのプロパティマネジメントについて豊富な実績とそこから得られるノウハウを有しています。
このノウハウは、当社リーシング課が保有するテナント募集のノウハウ・実績及び当社プロパティマネジメント課・ビルメンテナンス課が保有する最適なオフィスビル管理のノウハウ・実績に基づいておりますので、当社は自信をもって最適なプロパティマネジメントをご提案することができます。
まずは、当社サブリース受託営業課までお気軽にお問い合わせください。当社コンサルタントが、オーナー様のオフィスビル建築に関するお悩みを共に分かち合い、全力でサポートさせていただきます。
当社はオーナー様に対して誠実で有り続けることをお約束致します。

お電話でのお問合わせは 平日9:00〜18:00 TEL.03-6278-5600

お問合わせ